第4回社員総会を開催いたしました

News Release 2019/6/18

一般社団法人日本ヘッドスパ協会第4回社員総会を開催
令和元年は協会に所属する優秀な人材の活用を基本方針に引き続き1級検定合格者の認定講師への育成支援に注力していきます

 一般社団法人日本ヘッドスパ協会(略称:JHSA 大泉直則理事長、事務所:東京・代々木)は、令和元年5月28日(火) 12:30から東京・芝公園のホテルメルパルク東京において、第4回社員総会を開催しました。
 社員総会開催に当たり大泉理事長は、
 「平成18年に設立された日本ヘッドスパ協会は、平成28年1月に法人化し、本日、無事に4回目の社員総会を迎えることができました。  多くの優秀なヘッドスパリストを育成し、理美容業界で活躍してもらうことこそが、理美容業界の新たな市場拡大に貢献すると確信し、協会会員とともに邁進してまいりました。
 さてここ数年、頭から美や健康にアプローチする市場は、その効果やエビデンスの普及とともに注目を集め、今まさにヘッドスパは注目の中にあり、当協会には追い風が吹いています。
 ヘッドスパ検定の受験者は毎年増加し、また協会の設立趣旨に賛同いただきました認定校の数も増えてまいりました。昨年度、1級検定に合格者した認定講師候補の皆さんも順調に力をつけてきており、当協会は大きな前進を続けています。
 美と健康に貢献できるメニューとして注目されているヘッドスパを、もっと多くの理美容師に普及し、そして一般のお客様に体験していただけるよう、会員一丸となって取り組んでまいります」とあいさつしました。
 総会には社員の過半数が出席し、大泉議長の進行で「平成30年度事業報告(案)」、「平成30年度収支予算報告(案)」、「令和元年度事業計画(案)」、「令和元年度収支予算(案)」、任期満了に伴う「役員改選(案)」の5つの議案が審議され、すべての議案が原案通り全会一致で承認されました。
 令和元年度は、昨年度に引き続き、当協会の優秀な有資格ヘッドスパリスト全員が認定講師を目指し、活躍していただけるサポートを充実させ、「人材の育成と活用」を事業活動の重点課題とします。さらに、スパリスト検定試験3級のカリキュラムを導入していただいている認定校に対して、在学中に2級検定資格まで取得していただけけるよう、実施時期やカリキュラム等を積極的に提案し、理美容学校卒後にはスパリストとしてサロンで活躍できる人材育成に向けて、認定校への支援も積極的に取り組みます。
 また、総会で承認された新役員(理事)の互選により、理事長には大泉直則氏が再任されました。任期は令和3年3月末まで。他の役員(役職)は以下の通り(敬称略)。
理事長
大泉 直則
副理事長
鈴田 茂喜
山本 常弘
理 事
安東 徳子
石橋 清英
伊藤 誠一郎
大野 恭寛
佐々木 恵子
田中 房五郎
監事
海東 時男
〈リリースに関するお問い合わせ先〉
jhsa_rogo_icon一般社団法人 日本ヘッドスパ協会
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-10
[Tel] 03-5357-1127 [Fax] 03-5357-1126

関連記事

  1. jhsalogo_image01_456_296

    第2回社員総会、出版記念講演会、情報交換会を開催しました

  2. 当協会理事、コムズグループ代表 田中房五郎社長の著書が出版さ…

  3. news20210202

    ソーシャルプロダクツ普及推進協会様のWebページに 協会推奨…

  4. jhsalogo_image01_456_296

    一般社団法人日本ヘッドスパ協会検定セミナーについて

  5. 第3回オープンセミナー&情報交換会を開催しました

  6. 認定講師がチャリティイベントに初参加しました